廃車買取

廃車を買い取ってもらうと自動車税はどうなる?

廃車,買取,査定,売却,高額

 

廃車の自動車税

 

車の自動車税は毎年4月1日時点で保有している人に課税される税金です。
毎年5月頃に自動車税の払い込み用紙が発送され、
課税対象になっている方は必ず納める必要があります。

 

 

 

しかし、車を売却すると還付されるようになっており、
支払った税金のうち一定額を還付金として受け取れます。

 

 

 

実際の還付額は売却時期によって変わりますが、
手続きが早ければ早いほど還付額は多くなります。

 

廃車,買取,査定,売却,高額

 

廃車を業者に買い取ってもらった場合も、還付金を受け取ることができます。
通常の車を売却した場合と同じで、廃車を手放した時期によって還付金額は変わります。
廃車の場合、車両を売却しても5〜6万円にしかならないことも珍しくありません。

 

 

 

その一方で自動車税は1万円以上還付されることもあるため、
金額を見ると非常に大きいと言えるでしょう。

 

 

 

ただし、軽自動車を買い取ってもらう場合は還付金を受け取れません。
軽自動車税は還付対象外のため、売却時期に関係なく還付金額は0円です。
自動車税を支払っている場合のみ還付されると覚えておきましょう。

 

 

売却時期に注意

 

また注意しておきたいのは、売却する時期によっては自動車税が課税されてしまうことです。
特に3月末頃に廃車買取をしてもらう場合は注意しておきましょう。

 

 

 

買取業者が登録抹消手続きを代行してくれますが、
手続き完了までに数日かかることがあります。

 

 

 

そのため、実際の手続きが4月1日移行にずれ込む可能性があるのです。
業者に確認するか、早めに売却して課税されないよう気をつけておきましょう。

 

 

 

>>>廃車を売却!必要な書類を集めましょう