廃車買取

廃車が資源として売れる!でもどうしてなのか

廃車,買取,査定,売却,高額

 

廃車が資源として売れる

 

車が故障しても修理できない場合や、事故で破損して使い物にならなくなった場合、
通常なら廃車することになるでしょう。ただし廃車は1〜2万円ほどの費用が掛かり、
業者によっては別途手続きの代行費用が必要となります。

 

 

 

修理するよりも安く付きますが、出費が発生することに違いはありません。
しかし、廃車買取の業者を利用すれば、買い取ってもらうことができるのです。
もし大破して運転できないような状態の車でも、買取業者にとっては全く問題がありません。

 

 

 

車は資源の固まりと呼んでもおかしくは無いでしょう。
車体にはアルミや鉄が使われており、マフラーやエンジン、
精密部品各種には金や銀、プラチナ、パラジウムなどの希少な金属が使われています。

 

 

廃車買取業者

 

これらはガソリンのように消費したら終わりではなく、精錬することによってリサイクルができるのです。
これらの資源の回収を目的にしている業者も多く、資源を取るために買い取ってくれます。

 

 

 

また、使えるパーツを回収して売却する業者もあり、
車種によっては10万円や15万円で買取可能な場合もあります。

 

廃車,買取,査定,売却,高額

 

一般的な中古車の買取業者では、大破した車を買い取ってくれません。
再販のために中古車を買い取るのが目的であり、
動かなければ価値はないと見なされるためです。

 

 

 

しかし、資源回収が目的の業者なら、車は非常に価値の高い品物となります。
廃車買取業者の多くは資源回収用途のため、
ボンネットやフレームが歪んでいても買い取って貰えます。

 

 

 

>>>廃車に待った!日本では売れなくても海外なら売れる!